読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hamaguri Ryoko-Soloris Works

ソロ活動のリス改め「はまぐり涼子」、絵を描く。

放課後は、悪だくみ部。

多様性 市民活動 社会問題 暮らし 日々のあれこれ

私の住む町には、面白いことをしている方々が沢山います。

ま、どこにでもいるんでしょうけど、

この町の人たちは市民活動も盛んで、若手のコミュニティも多彩。

都心にいけば沢山出会えるような面白い人たちが、

この小さい町の中では日々当たり前に暮らし行き交う。

私も市民活動にも首を突っ込んでいるのですが、

その中というのは居心地がいいだけに、

たまに新しい何かを求めたくなるのです。

自分が安心・心地よいと思うところから少し足を伸ばしてみるというのは、

ドキドキ、ワクワク、そしてちょっとビビります。

これ、結構大事だなぁと思います。

自分がどっしり構えて「さあ、おいでなさい」というよりも、

ちょっとビクビクしながら、「あ、はじめまして、おじゃましま~す・・・」

という方が、勇気はいるけど教えてもらうことがいっぱいあります。

いや、無理することはないのですよ。

でも、ちょっと自分とは違う考えを聞き、理解しようとするのは、

人生のよきスパイスになると思うのです。

そんなわけで、勝手に立ち上げた弱小部活が「悪だくみ部」。

f:id:soloris:20150318014825j:plain

最近結婚したものの休む暇なく日本を飛び回る、植物を愛するもみあげ部長、

一見クールな本のムシだけど、実は結構熱い内気なマッシュルーム副部長、

そして、2月に水難の相が出て若干やさぐれ気味なイラストレーター部員。

悪だくみ、したいけどできない善良な3人の単なる飲み会、・・・かもしれない。

でも、結構普段の思考のフラストレーションをぶちまける場にもなってます。

ぶちまけるといっても、まったくもって穏やかなものですけど、

違う考えを聞き、話し、何か面白いものを持ち帰りたいという気持ちの下、

名前くらい悪ぶってみたかった呑み部活動、・・・ですかね?

普段は同じ町の中にいても別々の活動をしていますが、

2~3カ月に一度示し合わせて、集合し、

それぞれ、興味をもつことを話し、聞き、唸り、笑うのです。

実際に顔を合わせて、ビールを飲みながら話していると

普段、文面でビシィっと厳しい意見を述べたりする彼らの素顔は、

「ま、いいんじゃない?みんなそれぞれ違うしね。」と

にこやかにつぶやいてたりする気の優しい男子達なんですな。

東北、福島、民主主義、町づくり、植物、多様性の話と、話題はつきず。

気になる本とか、好きな本を持ち寄って話を深めるなど、やりたいことはあります。

地味に部員募集もしたりしてね。