読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hamaguri Ryoko-Soloris Works

ソロ活動のリス改め「はまぐり涼子」、絵を描く。

シネスイッチ銀座 映画感想絵日記 vol.18 『ボヴァリー夫人とパン屋』 July, 2015

映画:シネスイッチ

シネスイッチ銀座

シネスイッチ銀座 - タイムラインの写真 | Facebook

パン屋というだけあって、マルタンのパン作りのシーンや、彼とジェマがパンの話をする場面は重要なんですけど、どうも主流から外れたところに目が言ってしまう私。
だって、主人公たちに振り回されるワンコたちが可愛くてかわいそうなんです!
マルタンの相棒のギュスは、気のいい忠実な雑種。マルタンの妄想にじっと付き合い、ちょっとワン!なんて相槌を打ったら、「うるさい!!」なんて言われちゃう。
やたらとエロい現代のボヴァリー夫人ジェマの愛犬キャリントンは、イギリス人が好きそうなウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア。頑固なテリア犬ってイメージもありますが、天真爛漫なジェマにぴったりで、彼女の不倫のアリバイ作りに利用されてしまう。
・・・なんて、そんなところに突っ込みをいれるのも面白い映画です。
ジェマがやさしい夫をよそに、年下男子に現を抜かすのは見習えませんが、特段美人でもないのにフェロモンだだもれで周りの男性が追いかけしてしまう女子力(女子ではなくオンナヂカラかもしれない)は、学ぶべきかも。。。

f:id:soloris:20150712170208j:plain