読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hamaguri Ryoko-Soloris Works

ソロ活動のリス改め「はまぐり涼子」、絵を描く。

シネスイッチ銀座 映画感想絵日記 vol.26 『ディーン、君がいた瞬間(とき)』 Dec, 2015

www.facebook.com

 

今週末公開。

あのですね、思いの外いい映画でしたよ、これ。

単にディーンに焦点を当てるだけでなく、

写真家ストックとのやりとりを通して見える、

苛立ちとか孤独とか鬱屈した思いが、

空気に混じって見えるような気がしました。

ちなみに、このころのハリウッドは、

スポンサーにタバコ産業がガッツリ入っていた時代。

1930年代からタバコ産業は沢山の宣伝費を

ハリウッドに流していたことは有名ですよね。

だから今でもタバコは映画の小道具。

面白いくらいに年がら年中タバコ吸ってます。笑

私たちくらいの世代なら、そのカラクリをわかっているから、

歴史としてナルホドね〜ってみておくと良いかも。

それはさておき、映画に流れるジャズと共に、

主人公のディーンとストックが生み出す

言語化できないあの時代の雰囲気を堪能してほしいです。

【コンテンツの転載を禁止します】

f:id:soloris:20151217224713j:plain