読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hamaguri Ryoko-Soloris Works

ソロ活動のリス改め「はまぐり涼子」、絵を描く。

シネスイッチ銀座映画絵日記 vol. 30 『人生は小説よりも奇なり』 Mar., 2016

シネスイッチ銀座

シネスイッチ銀座 - 「人生は小説よりも奇なり」3月12日より公開です | Facebook

主人公は、中高年のゲイ二人。

若くもなく、かっこいいわけでもなく、

ぽってりしたお腹を抱えた悩ましきおじさん達です。

なのに、なんとも愛おしく思えてしまうのは、

秀逸な脚本と、感情の機微を見事に伝える俳優のおかげなのでしょうか。

同性愛者のぶち当たる問題に触れながらも、

性別を超越した愛することの喜びや悲しみが

観る者の心に静かに染み渡る素晴らしい映画です。

そして、中高年の二人と対照的な思春期の少年の存在には、

印象深いコントラストと美しい余韻が感じられます。

画家のベンと、音楽教師のジョージ。

二人が芸術をこよなく愛していることも、何気ない彼らの繊細な会話や、

流れる音楽、飾られている絵の数々から伝わってくるきめ細やかな作品作り。

悲喜こもごも人生賛歌の映画は色々ありますが、感想を描きながら

ほろりと涙してしまったのは、もしかしたら

『チョコレート・ドーナツ』以来かも。

【コンテンツの転載を禁止します】

f:id:soloris:20160310221956j:plain