読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hamaguri Ryoko-Soloris Works

ソロ活動のリス改め「はまぐり涼子」、絵を描く。

シネスイッチ銀座 映画感想絵日記 vol.42 『シーモアさんと、大人のための人生入門』 Oct. 1, 2016

シネスイッチ銀座

シネスイッチ銀座 - タイムライン | Facebook

かなり前から気になっていた映画です。

シーモア・バーンスタイン、86歳(撮影当時)ピアノ教師。

原題は、seymour: an introductionというシンプルなもので、

「シーモアさんのこと」みたいな感じでしょうけど、

日本語タイトルには、大人のための人生入門と付いています。

そういうだけあって、人生に関するシーモアさんの珠玉の言葉が詰まっています。

芸術に対する姿勢、演奏家として舞台に立つ恐怖との向き合い方、

音楽を通して得た人生の学び・・・。

シーモアさんが語る自分の生い立ちや、友人たちとの会話の中に

いかに生きて幸せになるかというヒントが沢山。

私が好きなシーンは、シーモアさんが自分のコンサートのために

もっとも良いピアノを選ぶところ。

New York Steinwayのピアノについては、

ジャズピアニストの野瀬栄進さんから色々お聞きしていたので、

特にそのピアノの理想的な音色に、

喜びをあらわにするシーモアさんの姿が印象に残りました。

ピアノも人間と同じで、製造方法は同じでも

手仕事によって全てのピアノに違った個性が生まれるのです。

美しいピアノの音色と共に、

シーモアさんの落ち着きと優しさに満ちた語りを

かみしめて観ていただきたい映画です。

f:id:soloris:20160930201114j:plain

【コンテンツの転載を禁止します】