読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hamaguri Ryoko-Soloris Works

ソロ活動のリス改め「はまぐり涼子」、絵を描く。

シネスイッチ銀座 映画絵日記 vol.43 『92歳のパリジェンヌ』Oct., 28, 2016

イラストのお仕事 映画感想絵日記 映画:シネスイッチ 生き方 幸せ

またもや遅いアップです。。。

この映画が公開されてから数日後、友人の母上が亡くなられたと

連絡を受けました。

先日やっとご挨拶に伺い、長い闘病期間の事を少し聞きました。

介護は13年間、最初は死にたい死にたいとばかり言われていたそうです。

次男の彼は、バリアフリーツアーに連れて行ってあげたり、

一緒に住んでお嫁さんも8年間介護に関わったり。

今までお洒落でしっかりした母が車椅子になり、

自分のプライドも保てない介護が必要になる事、

思うように体が動かせない事にぶち当たり

お母様も息子の彼やお嫁さんも

たくさんの挫折感や焦燥感、失望感、怒りと悲しみで

辛いこともたくさんあったと思います。

最後は人工呼吸器を外して延命をしなかったという事ですが

本当にどんな終い方がふさわしいのかは、

本人と家族の問題かもしれません。

別れることはとても寂しいけれど、お互いへの思いやりを

積み重ねながらお別れした友人夫婦と母上の間には

見えないけれど確かな愛情があったと思うのです。

日々のニュースの中で聞く悲しい終わり方でない、人生の閉じ方。

ちょっと考えさせられました。

f:id:soloris:20161117135741j:plain