Hamaguri Ryoko-Soloris Works

ソロ活動のリス改め「はまぐり涼子」、絵を描く。

シネスイッチ銀座 映画感想絵日記vol.67 『はじめてのおもてなし』Jan., 13, 2018

シネスイッチ銀座

シネスイッチ銀座 - 「はじめてのおもてなし」 いよいよ明日13日(土)より公開です... | Facebook

シネスイッチ銀座、2018年のトップバッターはドイツ映画。

この映画、ほんとにほんとに面白かったです!

【イラストの転載を禁じます】

f:id:soloris:20180112185957j:plain

ドイツ映画、結構シュールなものも多いけれど、こちらは文句なく

エンターテイメント作品として楽しめました!

出てくる家族一人一人のキャラクターも、脇を固めるキャストも

バランス良く、コミカルで楽しい!

私自身ドイツやヨーロッパの俳優さんに疎いのもあって、

逆に物語そのものを純粋に楽しめる作品でした。

国際的に複雑な難民問題を扱いながら、普遍的な家族の繋がりを

自然に織り込んだ楽しいコメディになっています。

音楽もよかったなぁ~。英語の曲が多かったですけれど。

ちなみにざっくりですが日本の難民認定率は、

約0.3%という低さ。(2016年UNCHRデータ)

10901人の難民申請に対して28人の認定だそうです。

ドイツ、アメリカ、カナダなどに比べると

どえらい低さですが、こうして見ると自分たちの国で

難民がどれほどマイナーな取り上げ方しかされていないのか、

よくわかりますよね。

映画で気付くことって色々あります。

もう少し調べてみようかなと思った金曜日でした。

自主的軟禁生活明けました!

明けまして2018年。

本年もどこかでこのブログを読んでくださる皆さま、

どうぞよろしくお願いいたします。

昨年頂いたあるお仕事で、ずっと頭の隅にあった一つのテーマがあります。

それは、デフォルメ。

造形美術で、「その形態を意図的に変形すること」というその定義。

しかし、そのデフォルメの程度の求め方は人によって千差万別です。

いやー、難しい!

デフォルメに悩み過ぎて新しいアカウントまで生まれてしまった。

いやウソですが、左手の可能性開拓と称して

甘栗京子というアカウントは作っちゃいました。

f:id:soloris:20180106011520j:plain

でも非常にいい勉強になりましたよ、デフォルメ。

自分の絵の可能性探索というのは一筋縄ではいかないけれど、

ちょっと新しい自分の描き方に出会える時

これほど面白いものもないと私は感じました。

正直な話、このお題を頂いてから

私の絵ってどちらかというと緻密系で厳しい。。。と

頭を抱えていた時期もありました。

普段落書きで描いているような自画像は既にデフォルメではありますが

今回求められたのはこういうデフォルメでない、デフォルメ。

普段自分がそのような対象を描くときには

デフォルメを使わないので、これはなかなかどうして、、、という

気持ちで、白い紙を見つめて動けない時間も沢山過ごしました。

とりあえずボツになったけど、試しに描いてみたラフを

描き上げるところから初め、とにかくタッチや色を確認する。

こういうことはパソコン上でやる方が

時間も労力もかからないのかもしれません。

でも、私にとって自分の手が鉛筆で汚れるくらい描いたり、

色を調合して塗ったりする時間はとても大事な気がします。

紙に描くことは、パソコンでは得られない生の経験値の積み重ねです。

パソコンでやることができない人の言い訳かもしれませんが(笑)

私自身はこのやり方でないと進化できないような気がしています。

描き損じは沢山出るし、効率も悪い。

昼夜ひっくり返るし、運動不足。

でも、少し紙から離れて別のことをしている時も、

頭のどこかでデフォルメとは何ぞや!と問い続ける時間を経て

この数日間でやっと集中して紙に落とし込む時間を得ました。

まあ、ここまでが大変時間がかかる。

今後はもっと効率を上げていけよ!と

どこかからお叱りが飛んできそうですが、、、

土壇場の底力ってあると思うんですよね。。。

というわけで、今年も早々に絵に悩み苦しみつつ

そういう時間を持てることを感謝して、

新しい自分の境地を少しずつ発見して行きたいと思います。

f:id:soloris:20180106011327j:plain

おかげさまな日々。

最近インスタでは日々のスケッチに文章を添えたり、

日記を載せたりしておりますが、

今日は立て続けに三つほど載せたものが全て友達のことでした。

 

多くの人と同じく、人から色んな影響を受けて生きている私。

別に今に始まったことではありませんが、やっぱり心根の善き人達に

囲まれて暮らせているのは、とても幸せなことです。

書いたこと、描いたことを通して、日々人のありがたみを感じます。

 

一つ目の日記は、非常に博識でマニアックな知識人の友人のこと。

f:id:soloris:20171221232208j:image

利発で美人て、できすぎやん!みたいな人ですが、

お茶目で気配り屋で、いつもさりげない心遣いに

「自分、まだまだっす!」と頭を下げたくなります。

彼女の心遣い、見習いたい!

そして、アートに関しては和洋問わずよく知っていて、

映画も文学も本当に色んなものを観たり読んだりしている人です。

彼女の話を聞く時間はものすごく楽しいのです。

あ、お酒を一緒に呑むのもすごく楽しいです!

 

二つ目の似顔絵の下書きは、嫁と妻と母と会社員をこなす友人。

f:id:soloris:20171221232241j:image

私がイラストを描きながら会社にも通い時間的余裕のなかった頃から

ちょっと寄ってくれる時間あったら、

持ち帰れるようにスープとご飯タッパーに詰めておくよ、とか、

昨日のケーキいる?とか、もうこの人も心配りのスペシャリスト。

そして、かなり私のツボであるユーモアセンスの持ち主で

メールやメッセージの切り返し、普段書く文章は読んでいて面白い。

お茶目なところはちょろっと尻尾程度にちらつかせながら、

普段は良き嫁、良き妻、良き母をぴしっと決めています。

なにかを頂いたり、お家に呼んで頂くたび、

私は心の中で小躍りしているんですが、きっと彼女はそれを

感じ取ってくれていることでしょう。

おおげさなやっちゃ、と。

あ、そして彼女ともお酒を一緒に呑むのが好きです!

 

三つ目は、パンダです。友達ではありません。

が、パンダを描くと思いだす友達がいます。

f:id:soloris:20171221232356j:image

私がイラストレーター、あるいは作家として活動するにあたり、

良きアドバイスをくれるフリーランスのアート・ディレクター兼デザイナー。

アートから商業デザインまで観る目が大変肥えていて、

それでいて全く上から目線でなく人の作品を観ることのできる人。

かなり好きなものの方向性が近い人でもあります。

彼女が観に行くもの、好きなものには大変刺激を受けるし、

観たものに関して正直に感想を言い合える相手でもあります。

可愛いモノを手元に置くタイプじゃないんだよね、なんて言いながら、

相当モフモフの動物とか、そういう絵なんかもすごく喜んで見ています。

素直じゃないわね〜!(愛をこめて、頭隠して尻隠さず!)

ま、それはともかく、仕事として色々経験も長く積んでいる人なので

私にとってはスーパーバイザーみたいな存在です。

ついてる。私、ついてるんです!友達運が!

そして、彼女も美味しいものを食べるのが大好きな人なので、

明日一緒にご飯を食べに行きます。

また漫才みたいな会話が止まらないんだろうなぁ。。。

という、友達長者のお話でした。

「心の中心の椅子に自分が座らない」という友人の言葉。

自分が住んでいる場所のせいか、

自分がささやかながらも絵を生業としていこうと決めてからか、

ここ7年くらいで沢山の作家やフリーランスで仕事をする友達が増えました。

フリーランスで生きて行くことは、

会社という組織で働くよりも大変だと思う方が多いでしょう。

私自身、二足のわらじでやって来たものですから、

まず外的要因がなかったら踏み出すのはまだまだ先だったかもしれません。

フリーランスを選んだ人達の中には、

自分の手で作ったものを自分の手で世に出して、

それが人に喜びや幸せをもたらすのを直接見たいと思う人が多いと思います。

会社が嫌、なのではなくて、

自分が主体となって動き、人に届けることが楽しく、

そこに厳しさとつらさがあったとしても、

誰かに「それは私のやった仕事じゃないから」と責任転嫁する必要もない。

実際のところは、いろんな会社の方とやりとりして、

今まで以上にコミュニケーション能力を問われるし、

自分で全て交渉しなけれなならないし、何かでつまづいたら

起き上がるにも全て自分の責任という大変さもあります。

 

 

絵を書いたり、文章を書いたり、音楽を奏でたりするという行為は

人間が生み出した素晴らしい表現であり、

心の糧であり、自我の表現です。

どうしたって、何らかの時点でだれかに見てもらいたいという

欲求は発生します。

だから私も描いているのですけれど、

自分が無心になって描き続けられるようにと

いつも願っているし、祈ってもいます。

私にとって、絵を描くことは時にセルフヒーリングであり、

それがいい形で出来あがると、おもいがけず

他の人にもリラックス効果を及ぼすこともあります。

邪念なくいい意味で自己のためにしたことが、結果的に他の人の為にもなる、

そんな働きができたらいいなと思います。

 

そのために、いつも心に留めていたいのが、

「心の中心にある椅子に自分自身が座らない」ということ。

この言葉は、私が8年前に出会った友人

岡田直子さん(アースマンシップ)の言葉です。

 

f:id:soloris:20171220012404j:plain

 

「仕事は自分で獲得したものではなく、天からの預かりもの。

心の中心の椅子に自分が座らず、きちんと祈って、求めて生きていれば、

必ず、今生で預かるべき仕事(役割)が見えてくる。」

すごく大事なことをいつも教えてくれる彼女の言葉です。

自分には少なからず絵を描いて表現する才能を与えられて

それを認めてくださる方々がいるのなら、

それは私がすごいのではなくて、この才能も天からの預かりもの。

そう思うと、少し自分を冷静に見ることができるし、

本当に自分が表現するべきものを無心に探すことができるような気がします。

他力本願?スピ系な発言?

まあそう思われる方もいるのかな。

でも、この世って、人間だけで回ってませんからね。

才能が天から与えられているとか、

何かのために祈るって、〇〇の神様という信仰対象がなくても

人間が驕らないためにもとても大事な行為だと思います。

自我の表現、だけど、自分本位にならない。

そのバランス、この微妙な感じ、まだ私の言葉で

きちんと表現しきれていないように思うのですが、

とりあえず、忘れないうちにここ数日考えていた

この言葉のことを書きとめておこうと思います。

 【コンテンツの転載を禁止します】

シネスイッチ銀座 映画感想絵日記vol.66 『ヒトラーに屈しなかった国王』Dec., 15, 2017

シネスイッチ銀座

シネスイッチ銀座 - 「ヒトラーに屈しなかった国王」 いよいよ明日16日(土)より公開です!... | Facebook

【コンテンツの転載を禁止します】

f:id:soloris:20171217213725j:plain

この映画を観終わって感想をまとめようと考えていた時に、

あの本!と思った本があります。

湯浅誠さんの「ヒーローを待っていても世界は変わらない」という本です。

4年くらい前に企画して湯浅さんを鎌倉にお招きし

ゆるやかな対話の場を設けたことがありましたが、

その時は主に「貧困」がテーマでした。

上記の本は、2009年から12年まで民主党政府の内閣参与として

関わった経験をもとに、貧困と民主主義について語ったものです。

この本を読んで、私たち日本人は、いまだに民主主義とはなんぞやの

部分からきちんと話し合ってきたという確固たる土台がないように

感じたのを覚えています。

そんなことを思い出しつつ、めくったページにはこんな文章がありました。

~★~

民主主義は面倒くさくてうんざりするもの (46Pより)


(中略)「見ず知らずの他人」で構成されている社会で、

意見調整が不可欠なことは、あたりまえすぎるほどにあたりまえです。

国レベルでも同様で、自国のいいたいことだけ言い合っていたら、

すぐに戦争です。そうならないための技術として「外交」があります。

しかしそれは面倒なことでもあります。世の中には、物事をすぐに

「決めつける」人も、何度言ってもこちらを理解しようとしない

「わからず屋」も、たくさんいます。そしてお互いに、

自分は柔軟で、異なる意見を受け入れる力を持っているが、

相手こそが「決めつける」人であって「わからず屋」だと思っています。

全ての戦争は「正義」の名の下に行われています。

(中略)

しかしそれでも、誰かに任せるのではなく、自分たちで引き受けて、

それを調整して合意形成していこうというのが、

民主主義というシステムです。

したがって、民主主義というのは、まず何よりも、

おそろしく面倒くさくて、うんざりするシステムだということを、

みんなが認識する必要があると思います。

「民主主義がすばらしい」なんて、とてもじゃないが、

軽々しくは言えません。

~★~

もっともっと、引用したい言葉はありますが、

この湯浅さんの言葉を借りれば、

ノルウェーの人々は、自分たちがこの面倒くさい民主主義の

主権者であること理解した上でスウェーデンから独立し、

自分たちで立憲君主制を選び、王を迎え入れ、

政治は自分たちの代表者に任せるというシステムをとりました。

そして、王様はそれを痛いほどよくわかっていたので、

これだけ脂汗の出る苦しみの三日間を過ごしたわけです。

自分の決断で、今後ノルウェーの国民の命は危険にさらされ

沢山の人が傷つくかもしれない。

しかし、この国の根本を足元から崩すような決断は

死んでもできない。

ホーコン7世の苦しい胸の内が手に取るように伝わる映画でした。

私たちの国の民主主義を振り返るタイミングを

もらったような映画です。

 

 

音楽は心の糧。

川本真理ちゃんという友達は、ピアノ弾きであり、

料理人でもあります。

今年の秋、三年のイタリア滞在を経て日本へ帰ってきました。

穏やかで柔らかい笑顔が素敵な彼女にとって、

食と音楽は多分同一線上にあるかけがえのないアイデンティティであり

心の糧なのだなぁと、彼女の音楽を聞くたびに思います。

そして、とてもとても気持ちよさそうにピアノを弾く

その後ろ姿が私はとても好きです。

    f:id:soloris:20171211020357j:plain

毎年、鎌倉の奥地にある素敵なカフェのプライベート空間で

開かれる、彼女と五十嵐はるなさんのライブは

ここ4年くらいの私の12月の恒例行事になっています。

cafe kaeruというお庭も素敵なこのカフェのご飯も

とても美味しく、真理ちゃんもはるなさんもとても楽しそうに

演奏し、歌い、それを聴く私にとっても幸せな時間です。

はるなさんの歌も、私の好きなStevie Wonderのoverjoyed、

Carol KingのNatural Woman、沢知恵さんの「あなたにとって」など

いい曲ばかりでジワリと心にきます。

 f:id:soloris:20171211020858j:plain

ここで真理ちゃんが弾くピアノはアップライトなので

お客さん側からは彼女の顔が見えないのですが、

彼女の演奏する音楽からは、ピアノを弾くことを

心から楽しんでいるのがとてもよく伝わります。

昨年一時帰国していた時に聞いた

彼女の新曲の一つVERDUNOは今私が大好きな曲です。

今日も第一部の最後に弾いてくれました。

私はVerdunoに行ったこともないし、真理ちゃんの話と音楽だけしか

知らないけれど、いつか彼女のこの曲に絵を添えたいと思っています。

今日は初めてのラフスケッチ。

手元に水彩色鉛筆しかなくて、色も限られていて

表現したいことの4分の1も出せていないように思うけれど

とにかく描いてみることにしました。

度々直感が求める時にスケッチを重ねていけば、

コレだと思う風景が見えるような気がしています。

真理ちゃんの音楽は、彼女の生き方そのもの。

私も作品を出させていただいたふゆのおくりもの展も本日終了し、

今夜は私が真理ちゃんから素敵なおくりものを

頂いたような気分でした。

f:id:soloris:20171211021632j:plain

【コンテンツの転載を禁止します】

シネスイッチ銀座 映画感想絵日記vol.65 『ルージュの手紙』Dec., 9, 2017

シネスイッチ銀座

シネスイッチ銀座 - 「ルージュの手紙」 いよいよ明日9日(土)より公開です... | Facebook

【コンテンツの転載を禁止します】

f:id:soloris:20171208235352j:plain

二人のカトリーヌ。

いくら歳を重ねても、ドヌーヴは美しい。

そして、マダムの可愛らしさの方が印象の強かったカトリーヌ・フロが

実直な助産婦で色んな変化に戸惑う中年の女性を好演しています。

人間てダメなところがいっぱい。

愛して、憎んで、別れて、また抱きしめる。

そんな人間の喜びも悲しみも含めた、生きて死ぬ

私たちの命の賛歌のようなフランス映画です。

私は好きだな。