読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hamaguri Ryoko-Soloris Works

ソロ活動のリス改め「はまぐり涼子」、絵を描く。

2017年は謙虚に。でも自信は持って。

ひとりごと日記 生き方

同じ鎌倉市内に住んでいるのに、二、三ヵ月に一度しか合わない友達がいます。

いつも面白いことを教えてくれる、8歳も下なのに68歳かと思う

成熟した精神年齢の女子です。

彼女がきっかけでこれからの自分のことを考えた時、

「謙虚」というキーワードが出てきました。

謙虚とは、相手の意見などをすなおにきくこと。

もう一人の私の良き心のアドバイザーのような友人は

「自分の心の中心のいすを常に空けておくこと」といいます。

私には腑に落ちる表現でした。

しかしながら、40にもなって自信をしっかり持つことと、

謙虚さも同時に持つことのバランスの難しさに苦労しております。

基本自信なし子なので、絵を出す時はどきっどき。

再び書きますが、個展のことで今も頭がいっぱい。

「私は私、人は人」

母によると、私が小学生の時に言った言葉らしいのですが、

今の私には、その当時の私が師匠に思えます。

そう、一人ひとり違った個性があるからこそ素晴らしい。

劣等感なんて持つ必要ないのですよね。

でも、こう40年平凡でもそれなりに生きてまいりますと、

ああ私ってダメだなぁ、全然できない奴だなぁ、なんて

思うことの繰り返しです。

今でこそ私もずっと好きだった描くことを

開き直ってやっておりますが、

まあ開き直るまでが大変時間がかかりましたよ。

挿絵画家になりたいと思った中学あたりから数えますと

22年はかかりましたね。ええ。

色んな人の、「そんなんじゃ食ってけない」って言葉に

何度となく「そうか、そうだよね、やっぱりね」と思い

筆を置いて、しまい込んだか。

ま、でもですね、開き直ると楽です。

でも、自信はまだまだです。

しかし、自信がついてきたらまた要注意です。

そう、「謙虚」ですよ。卑下ではないですよ~。

折に触れて、「謙虚」と書くことで忘れないようにしなければと思います。

自信がない時は、相手の意見を聴いて心が折れることもあるので

右から左へソフトに優しく聞き流す術もそこそこ使いながら

沢山の人に支えられて、好きな絵を描けることを感謝して

生きてゆこうと思います。

f:id:soloris:20161201012849j:plain